ホーム » 2013年10月
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

一度退職した看護師に再就職、準備のために何をすれば良い?|出来ることはこんな事から

■看護師に再就職する為に出来ることは?

結婚や出産で仕事を離れる女性は多くいます。
一般企業の場合、一度離職すると再就職には大きな苦労があります。


今では女性のための再就職サポートも広く行われているので
職業によっては有利に再就職もできます。


女性が多い職場の看護師も出産後に再就職する方が多い
職場の一つです。
実際に再就職がしやすくなるように様々なサポートも整備され
多くの方が再就職活動をしています。


ただ再就職する事に対する不安なども有ると思います。
実際に職場を離れている時間、ブランクが長い方はその不安も
大きくなります。


では技術職でもある看護師の再就職に向けて何か準備が
出来る事はないのでしょうか?
現在では民間でも行政でも多くのサポートで看護師の復職を
支援しています。


それを上手に利用する事で安心して看護師に再就職が出来るように
自信をつける事が出来ます。


■研修の利用で再就職の準備

看護師に再就職する場合、一番気になるのは注射などの技術が
どこまで通用するのかだと思います。
実際に注射や点滴などしていない期間が長いとやり方を忘れた
という方も多くいます。


忘れていなくても、実際に出来るのかは不安になりますよね。
そこで今利用している医療器具を使った研修を受けるという
準備をオススメします。


医療機関ではナースの復職を支援する為に多くの研修や講演会を
実施しています。
そこに参加することで復職に向けての準備をする事が出来ます。


これらの研修の情報は
・ 全国各地のナースセンター
・ ハローワーク
・ 転職求人サイト
などいろいろな所で得る事が出来ます。
特に転職求人サイトではサイト自体が主催する研修もあり
看護師の復職に向けて様々なサポートを利用する事が出来ます。


ナースセンターは元々潜在看護師の復職支援のために作られた
施設ですのでこれらの情報はかなり豊富に揃っています。
再就職の準備の為にはかなり便利な施設となっています。


不安を取り除く為にも有効利用してください。


■実際に再就職する為の準備とは?

再就職が決まり、新しい職場で働くことになったらその為に
必要な物も多くあります。
復職初日にあわてない為にも前からしっかりと準備しましょう。


まずは新しい職場に提出が必要な書類からチェックします。

1.雇用保険被保険者証
2.源泉徴収表
3.年金手帳

これらは前の職場からもらう物です。
退職の前に渡されていると思いますが、ブランクがある場合
なくしてしまっているものもあるかと思います。
提出が必要な物は事前に確認をしておきましょう。


4.健康保険被扶養者異動届
5.扶養控除等申込書

扶養家族がいる場合に必要な書類です。
指定の書式で提出する事が必要なので、勤務先から書類を
もらって提出します。


看護師独特の準備としては健康診断の受診が必要です。
看護師の場合は入職の際に受診する事が義務付けられています。
・ 健康診断書のフォーマット
・ どこで受診するか(職場か指定病院か)
・ 費用の負担(自己負担か職場負担か)
これらを確認して復職前に受けるようにしましょう。


必要な物は多くあります、期日近くにあせらないようしっかりと
準備をしておくようにしましょう。

タグ /

新人とブランクのある看護師、再就職が難しいのはどっち?|それぞれの問題点をチェックしましょう

■看護師は再就職するのが難しい職業?

女性は結婚や出産で職場を離れる事が多く、男性に比べると
離職率も高かった時期があります。
最近では男性でも育児休暇をとる方が増えていることもあり
仕事をやめずに育児をする女性も増えています。


ただ女性の多い職場ではまだ離職率はかなり高くなります。
特に体力的にもきつい仕事の看護師は3年以内にやめる人が
全体の3割を超えるといわれるほど高い離職率の職業です。


看護師を辞める方が多い一方で看護師に復帰したいと考える人も
多くいるのも事実です。
看護師の資格を持っているのに働いていない、いわゆる
潜在看護師の復職に向けて多くのサポートが整いつつあります。


では実際に復職するならブランクのある方と就職してすぐに
辞めてしまった看護師、どちらが有利なのでしょうか?


結婚出産などで退職し、落ち着いたので看護しに戻りたいという
ブランクのある方も服飾したいという方は多くいます。
また一度配属された部署が自分の思っていたところと違うと感じ
離職してしまう看護師もいます。


再就職するにはどちらの方が良いのでしょうか?


■新人看護師が復職する為には

新人看護師のメリットを考えてみましょう。

・ 年齢が若い
・ 最新の医療器具に関する知識がある

年齢が若いというのは当然のように思いますが、多くの看護師は
学校を卒業すると付属の大学病院に就職する事になります。
その為に若い看護師がクリニックなどに行く事は少ないんです。


若い看護師は実は多くの職場で求められている人材です。
かなり良い条件の職場も捜せば見つかります。


再就職のデメリットも見てみましょう。

・ 退職理由によってはまたすぐに辞めてしまうと思われる
・ 経験不足
・ 就職活動を失敗してしまったというトラウマ

経験は働いていればすぐにたまる為に気にする必要は無いのですが
最初の就職活動で失敗したという意識が働くと、再就職に
積極的になれないという方がいます。


特に人間関係で失敗したという方はあせって再就職すると
同じ様に失敗する可能性も高くなります。


再就職自体は難しくはないので、自分にあった職場をきちんと
見極めて就職するようにしましょう。


■ブランクのある看護師の再就職

退職してから再就職まで期間のある看護師のメリットは

・ 新人よりも経験がある

これに尽きると思います。


長期間のブランクがある場合、利用している医療器具はまったく
知らないものです。
ただしそれらの使い方は研修などでも習う事が出来ます。


注射や採血など技術が必要ですが、忘れていても少しの練習で
すぐに思い出す事が出来ます。
新人が新しく覚えるよりも効率はよくなります。


デメリットも考えてみましょう。

・ 年齢を重ねている
・ 新人と同じに扱う事が難しい
・ 40歳を越えると募集している所が少なくなる

新人に比べると当然ですが体力的なものでは敵わなくなります。
力仕事の多い看護師には体力が少ない事はデメリットです。


その為なのか40歳を越えると募集している所が減ります。
まったくないというわけでは無いのですが、選べる職場は
少なくなります。


どちらの場合も再就職が難しくなるのは条件次第と言えます。
自分の状況を把握して就職活動をすれば十分に再就職は可能です。

タグ /

ブランクのある看護師の再就職、面接の時に着る服装は?|TPOにあわせた服装を心がけて

■看護師の就職活動の服装って?

学生たちが着ているリクルートスーツ、企業の面接に行く時には
着た記憶のある方も多いかと思います。
面接官の印象を良くするためにも清潔な服装は面接ではとても
重要です。


当然看護師の採用試験の時にもリクルートスーツを利用した
という方は多くいます。
では一度辞めた看護師が再就職する時にはどんな服装をして
面接に行けば良いのでしょうか?


当然学生時代のスーツが着られるならそれでもかまいません。
ただ、ブランクが10年以上という場合には学生時代のスーツは
流石にきつい・・・なんて状況も起きてしまいます。


それに大病院の看護師面接ではなく、街のクリニックなど
個人病院の面接でもスーツ着用は必要なのでしょうか?
再就職には色々な悩みもありますが、服装に関する事は
誰に聞いたら良いのかも分かりませんよね?


面接の時にどんな服装をすれば良いのか、そのシチュエーションで
どんな服が良いのか調べてみましょう。


■面接官はここをチェックしています

まずは実際に面接をしている人がどこを見ているのか。
それを見てみましょう。

・ 化粧の濃さ
・ 爪の長さ、付け爪などをしているか
・ 髪の毛の束ね方

基本的にはあまり派手ではなく、清潔にしていれば大丈夫です。


転職する場合は今も病院勤務で夜勤明けに面接にいかなきゃ
ならない、という状況も有るかと思います。
そんな時でも髪の毛やメイクなど気をつけるようにしましょう。


髪の毛ぼさぼさ、スッピンで面接官に良い印象を・・・というのは
かなり厳しいです。
基本的にはTPOにあわせた服装ができるか、清潔を保つ事が
出来るかを見ています。


その為に爪は良くチェックされています。
普段ネイルをしている方はしっかりと落としていきましょう。


また伸びている爪もあまり好ましくありません。
面接前にキレイにそろえて切っておきましょう。


面接官は実はあまり服装の事をチェックしていないのがわかります。
あまり奇抜な格好でなければそれ程気にしなくても大丈夫です。


■実際に着る服装は?

では実際にきて行く服装はどの様な物が良いのでしょうか?
面接で実際に合格した方の服装を見てみましょう。

クリニック応募Aさん
木綿のジャケットに白のブラウス、黒のスカート
ローヒールのパンプス

個人病院応募Bさん
黒のカットソーに黒のパンツ
ローヒールのパンプス


それぞれに季節が違いますが、冬は上にコートを着ているくらいで
基本的にはそれ程きっちりとしたスタイルではありません。


派手に色の入っているもの以外ならスカートでもパンツでもあまり
関係はなく、清潔に見える服装が好ましいようです。


ただし再就職先が企業の保健室などの場合はしっかりと企業用の
服装が必要になります。
リクルートスーツのような色味の無いスーツとパンプスという
スタイルで面接をするほうが良いです。


大きな病院への再就職でも面接ではあまりスーツで来るという方は
少ない様で、それ程気にしていませんでした。


普段着のようにラフにならずに、清潔感のある服装で面接をすれば
大丈夫です。

タグ /
1 2 3 4 5 .. 次のページ »

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。