ホーム » ナースが復職するためには » 6年間のブランクで看護師に復職出来るか不安です|不安の克服は大切です

6年間のブランクで看護師に復職出来るか不安です|不安の克服は大切です

■復職の時に皆が不安に思うこと

出産や子育て、結婚で職場を離れる女性は多くいます。
そんな方たちがもう一度仕事を始める時には、かなりの不安が
心を支配してしまうそうです。


アンケート調査でも復職の時に不安に思うことを調べると
・ 職場に馴染めるか
・ 仕事を失敗せずに出来るか
・ 子供や家事と両立が出来るか

こんな不安を感じている方が多い様です。
これは一般的なアンケート調査ですが、女性が多い職場の
看護師の場合はどうなのでしょうか?


看護師の場合、退職が多いのは結婚した時と出産の時です。
復職は人によってかなり差が出ますが、出産から2年後位
その後は6年後、10年以上となります。


子供が小学校に上がる時期に復職をする方も多くいます。
ただしその際には6年から7年のブランクがあり、不安を
感じる方もかなり多くなっています。


そんな方たちの不安を解消するにはどの様な方法が
あるのでしょうか。
復職の方法を調べてみましょう。


■職場を選んで復職する

看護師の資格を持っている場合、看護師としての仕事以外でも
多くの職場で働く事が出来るようになります。
そのひとつが訪問介護やデイサービスなどの職場です。


体力的には厳しい仕事ですが、看護師の復職としては多く
利用されている職場でもあります。
それ程看護師経験がない方でも新人検収を受ける事が出来るので
問題なく働く事が出来ます。


ただし介護の職場は色々な経験が必要とされる現場でもあります。
当然看護師としての経験や判断力を要求される事も多く、その為に
看護師の資格が必要なんです。


経験を重視するケアセンターなどもあることを知っておきましょう。


看護師として復職したいという方はパートなどでまずは仕事に
体を慣らせる事もオススメです。


それと病棟勤務は新人も多く入る反面、忙しく時間的には厳しい
シフトが組まれる事も多いです。
病棟勤務を希望するならパートで始める事がオススメです。


それ以外なら透析科が時間的に余裕が出来るのでオススメできます。
透析なら残業もほとんど無く、土曜のみで休日出勤はほとんど
ありません。


総合病院で復職の時に職場を選べるならこんな方法もあります。


■行政などのサポートを利用する

看護師として復職する時には現在の医療器具などの知識に
不安を感じるという方も多くいます。
そこで病院などが行っている研修や講習会への参加もオススメです。


最新医療器具を実際に触って使い方を学ぶ事が出来る研修や
講習会を開いている病院があります。
その情報は各地域のナースセンターなどで集める事が出来ます。


これとは別に転職斡旋サイトやナース専門の就職支援サイトでも
講習会を開いている場合もあります。


実際に看護師として復職した方の実体験などを聞くことでも
不安の解消は出来るようになります。


転職斡旋サイトではコーディネーターが様々な悩みの解消の
相談に乗ってくれる場合もあります。


行政や民間のサポートも上手に利用して不安の克服をして
復職をしてはいかがでしょうか。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。