ホーム » ナースが復職するためには

一度離職した看護師が利用できる復職支援は神奈川県でもありますか?|神奈川でも多くの支援があります

■看護師にもう一度なりたい!その為には

女性の多い職場、看護師は離職率も高い職業といわれています。
実際に看護師の資格を持ちながら就職していない人は全国に
55万人いるといわれています。


これら資格を持っていながら看護師として働いていない人を
潜在看護師と呼んでいます。
今行政でも注目されているのはこの潜在看護師を復職させる事
それを推進する為のサポート事業です。


今でも看護師の人手不足は深刻な問題となっています。
その解消には潜在看護師をもう一度職場に戻す事も効果的と
考えられています。


しかし一度職場を離れてしまった看護師がもう一度復職するには
多くの不安があります。
その不安を解消する為に復職支援が行われています。


民間でも行われていますが、各都道府県で復職支援のサービスを
提供もしています。
では地方自治体ではどの様な行政サービスを行って
いるのでしょうか?


神奈川県のケースを見てみましょう。


■神奈川県で利用できる復職支援サービスとは

復職を希望する看護師が一番気にする事が現場を離れている間の
技術低下や医療知識の不足です。
日常医療雑誌等で知識を得ていたという方でも実際には不安を
感じる事も多くあります。


そこで公立病院では実際に医療器具を利用した研修を開いています。
目的は復職した際にすぐに利用出来る医療技術の習得です。
つまり実戦的な実技を習う事が出来るんです。


神奈川県で以前この様な研修が行われた病院は
・ 川崎幸病院
・ たま日吉台病院
・ 横須賀共済病院
・ 東戸塚記念病院
・ 神奈川県立循環呼吸器病センター
などの病院で行われています。
この他にも公立病院以外の病院でも実践的な研修が開かれています。


これらの研修の情報を集める為に利用できる施設もあります。
それが全国にあるナースセンターです。
神奈川県看護協会が看護師の復職支援のために作った施設です。


神奈川県では本所が横浜市にあります。
その他にも相模原支所と小田原支所があり計3ヶ所の利用が
出来る様になっています。


各病院の研修日時や募集の詳しい情報、更にナースセンターで
行う研修や勉強会の情報を知る事が出来ます。
メンバー登録しておくと求人情報も教えてくれるので復職の為には
かなり便利に利用できます。


地方自治体の復職支援もしっかりと用意されています。


■神奈川県の募集の特徴

公共の復職支援の他にも民間業者、転職支援サイトなどでも
看護師の復職支援は行われています。
サイト独自の講演会や研修会を開いている所もあり、その会場も
東京や神奈川をはじめ全国展開されています。


また転職支援サイトの募集を見てみると神奈川県ではブランクの
ある看護師OKの職場はパートでの募集が多くあります。


出産や育児が一段落した潜在看護師のためなのか、時間的に
余裕が出来るような募集が多いという特徴があります。
病棟勤務の看護師でもパートの場合残業や夜勤がなく時間が
読みやすくなります。


子供を預けているなどの理由があるならパートはとても
働きやすい職場になります。
ただし給料が安くなる、というデメリットもあります。


看護師の求人募集はブランクOKという職場も最近では
かなり多くなっています。
新人研修として復職看護師の研修を行ってくれる病院も
ありますので、上手に利用してください。

タグ /

復職をしたい潜在看護師のための復職支援セミナーを東京で受けるには|公共と民間の支援を利用可能です

■看護師不足を解消する為に

離職率の高い職業としてイメージの強い職業が看護師です。
実際にも少なくない離職率で、厳しい仕事の代名詞となっています。


現場でも人手不足は深刻な問題となっていて、今行政でも
看護師不足の解消は大きな問題となっています。


この看護師不足を解消する為に行われているのが潜在看護師の
復職支援です。
看護師の資格を持っていても働いていない人を対象にした
看護師としての復職を手助けするための行政サービスです。


看護師は女性の多い職場のために結婚や出産で職場を離れる方が
とても多くなっています。
それらの元看護師を職場に復帰させる為に様々なサービスの利用が
出来る様になっています。


当然出産などの原因以外にも離職をする方は多くいます。
その方たちのサポートも出来るように様々な事業が行われていて
その一つには復職支援セミナーがあります。


一度看護師の仕事を離れた人が復職する際に心配するのが
技術と知識の問題です。


医療の現場では2年間離れてしまうと新人と同じになると
言われています。
それは医療技術の進歩が早く、今の医療道具の扱いや治療の
常識が大きく変わる事もあるからです。


そこでこれらの不安を解消する為に復職支援セミナーが
開催されるようになりました。


■東京都が行っている復職支援セミナー

潜在看護師は全国では50万人以上、東京都だけでも5万人は
いると考えられています。
この看護師を復職させる事ができればかなりの人材不足解消に
役立つといわれています。


そこで東京都福祉保健局では社団法人東京都看護協会に委託をして
潜在看護師復職支援を実行しています。
こちらでは全国のナースセンターを通じてその地域で開催される
復職支援セミナーの情報提供をしています。


都立病院では各病院で復職希望者を対象にした研修や講習を
開催しています。
研修では実際に利用している医療器具や介護方法などを
体験する事が出来ます。


基本コンセプトとして復職してからすぐに利用できる実技の
訓練が出来る研修を開催しています。
更に研修からそのまま就職が出来る病院もあります。


実技の他にも現在の医療に関する常識を講習する事が出来る
講習会も行われています。
これら病院単位で行われているイベント情報を提供してくれるのが
全国のナースセンターです。


東京都の場合ナースプラザと言う名称になっています。
復職を考える方は是非利用してみてください。


■その他に行っている復職支援

研修や講習だけではなく、看護の質を上げる為の研究や
その研究の為の助成金なども東京都看護協会では支援しています。


こちらのホームページでは研究会や勉強会の開催予定など
詳しい情報を知る事が出来ます。


更にハローワークと方法提供を相互に行う事で看護師の
募集情報を共有する事業も行っています。
ハローワークで復職先を探す場合でもナースセンターにある情報を
見る事が出来る様になっています。


また東京都だけではなく、民間の転職支援サイトなどでも
看護師復職の為の講演会が行われています。
サイトによっては実技研修を行う所もあります。
これらの利用で更に復職の為の自信をつける事もできます。


復職の時には技術や知識に不安を持つという方も多くいます。
その解消の為にも復職支援セミナーなどの利用を上手にしては
いかがでしょうか。

タグ /

辞める人が多いといわれる看護師、復職率はどうなの?|離れる人も戻る人も多い職場です

■一般の方が持つ看護師のイメージは?

世の中のきつい仕事、3Kなどといわれる事も多い仕事があります。
「きつい」「汚い」「給料安い」など言われる仕事、これには
看護師も当てはまるようです。


実際に看護師は体力的にも精神的にも厳しい仕事といえます。
残業だけではなく夜勤もあり、お給料はそれ程高くありません。
更に命に関わる仕事のために責任感なども必要です。


その為に一般的にもかなり厳しい仕事というイメージは
とても高いようです。


ただし現在の離職率を見ると、それ程高いというわけではなく
更に看護師の統計でも年々離職率は少なくなっています。


ここ最近では6年連続で回復傾向にあります。
2010年では8.1%とかなり少ない数字となっています。
ただしこれは新卒看護職員の統計です。


昔は新卒の離職率は10%を越えていたのが看護師です。
それに比べると少ないのですが、新人がやめる確立は高く
その点でも低い離職率とは言いがたい数字です。


ただし復職率も高いのが看護師の特徴です。


■看護師の現場の現状とは?

新人だけではなく職場全体としても離職する人は多いと
感じる方は結構います。
実際に5年以上働く看護師の数は一つの職場では10人中
2〜3人程度といわれています。


看護師総勢700名程度の私立病院でも毎年の退職看護師は
100人ほどいるそうです。
その内定年退職をするのはわずかに1割程度、それ以外は
他の理由で離職する看護師です。


これを受けて行政では看護師不足解消のために様々な政策を
打ち出しています。
そのひとつが潜在看護師の復職サポートです。


結婚や出産で退職した看護師を職場に復活させる為の支援を
行うようになりました。
復職支援の為にナースセンターを全国に配置するなど
様々な支援を現在でも続けています。


このためにブランクのある看護師でもスムースに現場に復職を
する事が出来るようになり、復職率もかなり上がっています。
10年以上のブランクがあっても看護師に復職できたという方も
多くいます。


現在では離職率も少なくないけど、復職率もかなりある職場
それが看護師の現状です。


■人手不足を解消する為に

では実際に利用できる復職支援サービスにはどの様な物が
あるのでしょうか。
やはり復職の不安を取り除く事が出来るサービスの利用が多く
特に医療器具の取り扱い方法はとても注目されています。


医療関係では2年離れると常識が違ってくるとも言われています。
当然ブランクがある看護師では道具の使い方も分からない
という状況が起きてしまいます。


最近では電子カルテの導入をしている病院も多くなり
パソコンやPDFの利用方法が分からないと復職が難しい
という場合もあります。


そこで医療器具のほかにも電子関係の講習をしてくれる病院も
多くなっています。
当然最新医療器具の講習も多く行われています。


更にこれらの研修からそのまま採用をされる研修会も開催している
病院が多くなっています。
職場の状況を見て、実際に職場の空気を感じる事が出来る研修は
かなり注目されています。


復職率を高める為に今でも多くのサポートの利用が出来ます。
看護師に戻る為の不安解消も出来る様になっています。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。