復職をしたい潜在看護師のための復職支援セミナーを東京で受けるには|公共と民間の支援を利用可能です

■看護師不足を解消する為に

離職率の高い職業としてイメージの強い職業が看護師です。
実際にも少なくない離職率で、厳しい仕事の代名詞となっています。


現場でも人手不足は深刻な問題となっていて、今行政でも
看護師不足の解消は大きな問題となっています。


この看護師不足を解消する為に行われているのが潜在看護師の
復職支援です。
看護師の資格を持っていても働いていない人を対象にした
看護師としての復職を手助けするための行政サービスです。


看護師は女性の多い職場のために結婚や出産で職場を離れる方が
とても多くなっています。
それらの元看護師を職場に復帰させる為に様々なサービスの利用が
出来る様になっています。


当然出産などの原因以外にも離職をする方は多くいます。
その方たちのサポートも出来るように様々な事業が行われていて
その一つには復職支援セミナーがあります。


一度看護師の仕事を離れた人が復職する際に心配するのが
技術と知識の問題です。


医療の現場では2年間離れてしまうと新人と同じになると
言われています。
それは医療技術の進歩が早く、今の医療道具の扱いや治療の
常識が大きく変わる事もあるからです。


そこでこれらの不安を解消する為に復職支援セミナーが
開催されるようになりました。


■東京都が行っている復職支援セミナー

潜在看護師は全国では50万人以上、東京都だけでも5万人は
いると考えられています。
この看護師を復職させる事ができればかなりの人材不足解消に
役立つといわれています。


そこで東京都福祉保健局では社団法人東京都看護協会に委託をして
潜在看護師復職支援を実行しています。
こちらでは全国のナースセンターを通じてその地域で開催される
復職支援セミナーの情報提供をしています。


都立病院では各病院で復職希望者を対象にした研修や講習を
開催しています。
研修では実際に利用している医療器具や介護方法などを
体験する事が出来ます。


基本コンセプトとして復職してからすぐに利用できる実技の
訓練が出来る研修を開催しています。
更に研修からそのまま就職が出来る病院もあります。


実技の他にも現在の医療に関する常識を講習する事が出来る
講習会も行われています。
これら病院単位で行われているイベント情報を提供してくれるのが
全国のナースセンターです。


東京都の場合ナースプラザと言う名称になっています。
復職を考える方は是非利用してみてください。


■その他に行っている復職支援

研修や講習だけではなく、看護の質を上げる為の研究や
その研究の為の助成金なども東京都看護協会では支援しています。


こちらのホームページでは研究会や勉強会の開催予定など
詳しい情報を知る事が出来ます。


更にハローワークと方法提供を相互に行う事で看護師の
募集情報を共有する事業も行っています。
ハローワークで復職先を探す場合でもナースセンターにある情報を
見る事が出来る様になっています。


また東京都だけではなく、民間の転職支援サイトなどでも
看護師復職の為の講演会が行われています。
サイトによっては実技研修を行う所もあります。
これらの利用で更に復職の為の自信をつける事もできます。


復職の時には技術や知識に不安を持つという方も多くいます。
その解消の為にも復職支援セミナーなどの利用を上手にしては
いかがでしょうか。

タグ /

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。